読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

民泊で利益を出す物件選び

結論からまとめる

①外国人旅行客に人気な区域
②大人数を収容できる比較的大きめな物件
(滞在4名以上7名は受け入れられるように)
③JRの駅から徒歩6分以内
④観光地へのアクセスが良い。
⑤ 東京神奈川では成田空港、羽田空港からのアクセスが良い。
⑥ 地域が外国人受け入れの土台がある。
⑦ 近くに買い物や食事ので切るお店がある。

⑧ 日本人の観光滞在、ビジネス滞在や様々な目的でのウィークリー滞在などの顧客を併用してハイブリッドな利用が可能となる。

⑨ 365日年間を通して営業できるようにするには民泊特区 の大田区か神奈川県内

⑩ それ以外の東京都の場合は180日宿泊日数制限に対する対案を明確にして対応する

(住宅宿泊事業法に対応する。)

 

上記を考慮して物件を探せば安定した収益が見込める可能性が高い。

ホテル旅館との競合で滞在人数が3名ぐらいまでならホテルのがかえって割安にな場合もある。

民泊の強みは滞在人数が増えてもホテル旅館のように高くならないことにある。

4名以上になれば民泊の方が割安になる。また洗濯もでき、食費も抑えられる。

2名の旅行客よりは4人以上の家族ずれを受け入れられる物件で準備していこう。