読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京視察1

2月28日早速東京視察に出発した。

まず経済復興の基盤づくりから。

UFJ銀行のアメリカでの提携銀行Unionバンクへの入金で箱根から一番近いUFJ銀行を探した結果、厚木にあったので立ち寄った。

日本とラスベガス間への送金は安全性と安定性確保のためアメリカの銀行口座経由に切り替えたかった。

アメリカの口座はラスベガスを離れ手つかずのため閉鎖されているので、再度口座開設しようと探していたところ、ありがたいことに道が見つかった。私の日本でのメインバンクUFJ銀行からアメリカのUnionBankの口座が申請できることがわかり申し込んでいたものが通ってこのタイミングで入金してきた。

それも厚木で入金? 何か縁があるのを感じた。

ちょっと余談:
私の父は戦時中厚木飛行場にて陸軍航空隊の今で言うと隊長付きの庶務係で特攻隊の出撃前の最後の晩餐のすき焼きを準備してもてなし送り出すことをしていたらしい。最高司令官が李垠朝鮮皇太子だったから韓国とも縁が深い。奥様は薩摩出身李方子様だから、これも縁が深い。アメリカの空襲をしのぎながら密かに反撃していた話や、終戦時の厚木の航空隊秘話など父はマッカーサー元帥を厚木に迎えた時、上官からの厳命で日本軍の誇りとアメリカ軍への尊敬心を持って堂々とお迎えしようと敬礼した話など。。。


この話はまたとしてともかくUnionBankの口座開設入金完了は嬉しいかぎりである。これでチェックで送金できるようになった。
銀行口座は日本とアメリカで繋がった。

この口座にたくさん資金が溜まり世界に貢献できることを祈るし、文化交流復興資金口座として祝福が共にありますように。

「In God We Trust 」アメリカドル紙幣や硬貨には記されている。

平和を愛する世界人の民泊が世界ブランド化されたら共通のポイントやカード通貨での支払い可能にしていきたいものだ。

そこには

In One Global Family under God We Trust!,としたいものだ。

東京視察、幸先良い出来事。しかもここ厚木の付近は奥さんのアパートがあった中央林間からはすぐ。不思議な縁だ。

続く。